本装置は、そのまま机などに置くと不安定になるので、付属の耐震壁掛金具を利用して壁面などに設置してください。
耐震壁掛金具を付属の木ネジ、もしくは適切なネジで壁面などに固定してください。
ネジで固定しないで、付属の両面テープを耐震壁掛金具に貼って固定する場合は、剥れ落ちる場合があるので十分注意してください。
気象庁 緊急地震速報 受信装置
FM LED(緑)で放送局の電波強度を確認します。
消灯:電波無し  点滅:弱い  点灯:良好
FM LED(緑)が点灯または点滅していることを確認します。
放送局の選択例
全都道府県で個別に発表される緊急地震速報を全て受信したい ⇒ NHK FM放送局
全都道府県で個別に発表されるEWS(避難指示/津波警報)を全て受信したい ⇒ NHK FM放送局
民放の放送エリア内で発表される緊急地震速報を受信したい ⇒ 民放 FM放送局

※AMラジオ放送局で緊急地震速報・EWS(避難指示/津波警報)を実施している放送局もあります。
 FM補完放送であるワイドFM(AMラジオの番組をFM放送で聞く)で運用できる場合もあるので、各放送局にお問合せください。

緊急地震速報 対応状況 ラジオ局参考資料
デジタルもぐら 3022  設置環境
受信する放送局の選択
DM-ER3022 導入環境
注意
本体に直接ロッドアンテナを取り付けないでください。
ロッドアンテナが動きやすく、受信感度が不安定になります。
3022
本装置を設置する場所と同じ都道府県内にあるFM放送局を受信してください。
ただし、設置場所と異なる放送局であっても、受信感度が良い放送局で運用することをお勧めします。
放送局によって緊急地震速報・EWS(避難指示/津波警報)の実施状況、放送震度基準、放送内容などが異なるので、ご利用形態に
応じて放送局を決めてください。
もぐら
デジタルもぐら 3022 アンテナ接続
導入・設置環境
3022 紹介動画
室内で十分な受信感度が得られない場合には、屋外にFMアンテナを設置してください。
ただし、本装置には避雷器は搭載されていないので、保安器などを設置し避雷対策をしてください。
アナログテレビのVHFアンテナが設置されていれば、分配器を利用しFM電波を受信することができますが、地上波デジタルの
テレビアンテナは周波数が違うので使用できません。
電波が弱い場合にはブースターなどを接続することで、受信感度が高まることもあります。
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
Jコーポレーション 地震速報 緊急地震速報
緊急地震速報
もぐら 3311
室内アンテナセットを利用する (オプション)
ケーブルテレビがFM放送を実施していれば、分配器を利用しラジオ放送を受信することができます。
各ケーブルテレビ局にお問合せください。
ケーブルテレビによるFM放送は、受信感度が安定しているので安心してご利用いただけます。
NHK FM放送局の特徴
実施状況:全都道府県のNHK放送局で、緊急地震速報・EWS(避難指示/津波警報)を実施。
緊急地震速報の放送震度基準:予測震度が5弱以上の地震で、放送エリア内に震度4以上の地域がある場合に放送。
緊急地震速報の放送内容:全国どこで発表された緊急地震速報でも、全国の放送局で放送。
 (例:北海道に対して発表された緊急地震速報は、東京のNHKでも放送される。)
EWS(避難指示/津波警報)の放送内容:全国どこで発表されたEWS(避難指示/津波警報)でも、全国の放送局で放送。
 (例:北海道に対して発表されEWS(避難指示/津波警報)は、東京のNHKでも放送される。)
※NHKは放送局の中でもインフラが強固であるため、比較的災害時に強い放送局といえます。

民放FM放送局の特徴
実施状況:放送局により実施状況が異なります。
緊急地震速報の放送震度基準:各放送局により2つの放送震度基準があります。
1.予測震度が5弱以上の地震で、放送エリア内に震度4以上の地域がある場合に放送。
2.予測震度が5強以上の地震で、放送エリア内に震度4以上の地域がある場合に放送。
緊急地震速報の放送内容:各放送局の放送エリア内で発表された緊急地震速報だけを放送。
 (例:北海道の放送エリアに対して発表された緊急地震速報は、東京の民放では放送されません。)
EWS(避難指示/津波警報)の放送内容:各放送局の放送エリア内で発表されたEWS(避難指示/津波警報)だけを放送。
※民放は放送局によって緊急地震速報・EWS(避難指示/津波警報)の実施状況、放送震度基準、放送内容が異なるので各放送局に
  お問合せください。
放送局の電波強度を確認
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 保守無料 利用料無料
地震対策 デジタルもぐら DM-ER3022J
デジタルもぐら 3022 FMラジオで地震速報
※放送設備などの外部機器を接続する場合は、接続する外部機器の近くに本装置を設置することをお勧めします。
※19インチ放送ラックに収納することはできません。
本装置を耐震壁掛金具に装着するときは、「ズレ落ち防止ゴム」を壁に対して下に押し込むようにして、
本体の「差し込み溝」に固定します。
型番 DM-ER3022J
よくある質問
Q&A デジタルもぐら
※室内アンテナセット(オプション)には以下のものが含まれます。
  室内ロッドアンテナ・取付金具 (ネジ3*25/2 本) ・5mアンテナ延長ケーブル
※ケーブルの長さが不足する場合は、必要に応じて同軸ケーブルをご用意ください。
※市販の室内用FMアンテナも利用できますが、人が移動したときなどに受信感度が変化する場合があるので、アンテナの
  取付位置を床面より2m以上の高い場所に設置してください。
アンテナ延長ケーブル(5m)で、受信感度が良好な場所に室内ロッドアンテナを設置しますが、ロッドアンテナは微妙な角度で受信
感度が大きく変化します。
ラジオ放送が明瞭に聞こえ、雑音がないようにロッドアンテナの設置位置・角度を調整してください。
また、ラジオ放送が安定して受信できるように、アンテナの取付位置を床面より2m以上の高い場所に設置してください。
デジタルもぐら 3022 設置方法
緊急地震速報
※電波強度が弱くても、ラジオ放送が明瞭に聞こえ、雑音がない状態であればご利用になれます。
※アンテナの接続方法を変更、ブースターの取付、受信する放送局を変更することで電波強度が改善することがあります。
受信感度が良好な場合でも、必ず本装置にアンテナを接続してください。
設置状況及び受信感度に応じて最適な接続方法で本装置を運用してください。
電波が弱い場合にはブースターなどを接続することで、受信感度が高まることもあります。
アンテナケーブルを本装置のF型コネクターに接続するときに、強く締め付けると破損する場合があるのでご注意してください。