ワイドFM対応 (災害用としてのFM補完局)
 災害用としても大きな期待がよせられている、AM放送のFM版(ワイドFM)の放送に対応。
 これにより、緊急地震速報だけでなく、津波警報や東海地震警戒宣言などを受信することができます。

●制御機能(接点出力)搭載!
 館内一斉放送や、パトライト点灯、エレベーター制御などの自動連動が可能。

●緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送(EWS)受信に対応!
 緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送である津波警報や東海地震警戒宣言を受信することができます。
 「津波警報だけ」、「東海地震警戒宣言だけ」、など個別の受信設定も可能。
 自治体からの要請で放送するミサイルなどの避難命令の受信が可能

●3022J ジュニアだけの機能!  津波警報で瞬時に機器制御!
 3022J ジュニアは、津波警報のみの受信が可能!  津波警報で、水門やバブルなどの制御制御が可能に。

●定型音声 標準搭載!
  「デジタルもぐら junior」 の発報時の警報音声は、ラジオ音声以外に定型メッセージ音声も選択可能。
 緊急地震速報、緊急警報放送(津波など)、それぞれ個別にメッセージ設定が可能。

●音声遅延機能 搭載!
 接続するアンプの起動時間に合わせた、外部出力音声の遅延制御が可能!

●音声切替・プリアンプ機能搭載。
 チャイム音声などの入力端子があるので、入力放送設備の改修工事費用を最小限に抑えられます。
 また、外部出力音声のボリューム調整が可能!

●緊急地震速報及び緊急警報放送の発報記録
 緊急地震速報及び緊急警報放送(津波など)の警報により 「デジタルもぐら junior」が発報した履歴を
 記録することができます。

●緊急警報 試験放送の受信記録
 毎月実施(NHK)されている緊急警報放送の試験放送の受信履歴が記録できます。
 これにより、「デジタルもぐら junior」が確実に試験放送が受信できていることを確認できます。

●受信感度及び受信周波数を常時表示します。
 受信感度、設定されているFM局周波数の状態が常に表示されているので、安心です。

●避難訓練や試験放送が、本体ボタンで可能
 避難訓練や機器の試験放送が本体ボタンで可能

試験放送を柔軟に運用
  試験放送をすることで、デジタルもぐらと放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)
  などとの連動確認を行うことが出来ます。
  連動確認をするための通常の訓練放送とは別に、メロディーによる連動確認が可能となりました。


●外国語放送、オーダー音声なども可能!
 外国語放送、多言語同時放送など、特殊な音声放送にもカスタマイズ可能!

●サイネージ、PCへの警報割込表示 (オプション)
  
タイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、警報情報の割込表示が可能となります。
  さらなる活用範囲が広がりました。
   (詳細はコチラから タイガーCALL

●防災メール配信  津波警報、気象警報、緊急地震速報 (オプション)
  津波警報、気象警報、緊急地震速報をお客様の指定したメールアドレスへ配信。
  配信時間及び配信曜日の選択ができ、配信地区は全国又は特定地域から選択可能。
  ニュースより早く知る事で、初動体制をすばやく立ち上げることができます。   
防災メールの詳細はコチラから


●MADE IN 東北 品質にも自信があります。
  常時電源ONの機器だから、長期安定性を重視。   世界最高品質 日本ケミコン製 電解コンデンサ 採用!
  MADE IN JAPAN 「がんばれ東北!」 デジタルもぐらは、東北沿岸部から、まごころ込めてお届けしています。

デジタルもぐら junior パンフレットのダウンロードは、コチラから
ワイドFMについては、コチラから
デジタルもぐらjunior 3022J と デジタルもぐら 3311J  の比較表は、コチラから
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
ランニングコスト 0円 無料 ただ
毎月の利用料 無料 0円
気象庁 緊急地震速報
J コーポレーション
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
緊急地震速報
デジタルもぐら junior 特徴・機能
Jコーポレーション デジタルもぐら
デジタルもぐら

デジタルもぐら junior ジュニア 緊急地震速報

DM-ER3022J ワイドFM  津波警報

**  デジタルもぐら ラインナップ  **
  3311 J  
  3022 J  
詳細はコチラから
詳細はコチラから
緊急地震速報