緊急地震速報
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
J コーポレーション
ランニングコスト 0円 無料 ただ
毎月の利用料 無料 0円
気象庁 緊急地震速報
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
デジタルもぐら junior パンフレット
junior 3022J 仕様書
デジタルもぐら junior ダウンロード
ワイドFMについては、コチラから
3022J 5年保証申込書
もぐら総合パンフレット
お勧めパンフレット!
デジタルもぐら VS ジュニア 比較表
    3311J VS 3022J
ラジオ局参考資料
FMトランスミッター 取扱説明書
junior 3022J 取扱説明書
導入実績例・会社概要
実績 = 安心・信頼
お勧めパンフレット!
Jシリーズ 総合パンフレット
もぐら junior VS 他社 比較表
   3022 VS 他社製品
各受信端末 共通オプション
屋外型フラッシュライト付SP
室内型ボックスSP
音声連動型 回転灯
周知広報セット
dxf ファイル
タイガーCALL
無亭電電源装置
内蔵音源書換
デジタルもぐら シリーズ 比較表
デジタルもぐら junior 仕様書
* 本体の設置設定、放送設備などへの外部機器接続工事などは別途有償にて対応します。
* 価格については、導入台数により異なりますので、お問合せ下さい。
価格・オプションなどに関しての詳細は、コチラから
デジタルもぐら junior 価格
デジタルもぐら junior オプション
デジタルもぐら junior アンテナの設置方法
デジタルもぐらは、そのまま机などに置くと不安定ですので、付属の耐震壁掛金具を利用して壁面に設置してください。
耐震壁掛金具は添付の木ネジで壁などに固定しますが、木ネジで固定できないときは、添付の両面テープを耐震壁掛金具に貼り、
壁などに固定して下さい。
本体裏面
耐震壁掛金具
耐震壁掛金具の差し込み溝
デジタルもぐらは、FMラジオ電波の受信が安定して受けられるところであれば設置できます。
FM放送が正常な状態(放送が明瞭に聞こえ、雑音の無い状態)で受信できないと検出機能が働ない場合があります。
アンテナの設置には充分注意をはらって下さい。
設置場所にケーブルテレビ、アナログTV、FMアンテナなどによりFM放送を受信することが出来るのであれば、受信感度の安定性の
ために、それらを利用してFM放送局を受信することをお薦めします。

別売りオプションのアンテナセットをご利用になる場合には、
アンテナ延長ケーブル(5m)を接続し、電波状態が良好な場合に付属のロッドアンテナを設置しますが、ロッドアンテナ取付金具は、
2m以上の場所に取り付けて下さい。
ケーブルの長さが不足する場合は、必要に応じて延長して下さい。
アンテナ設置、受信感度に関する詳細はコチラから
※重要 本体に直接ロッドアンテナを
  取り付けないで下さい。
Jコーポレーション デジタルもぐら
電光掲示板
アナウンスマシーン
警報音源作成
仕様書に関しての詳細は、コチラから
デジタルもぐら junior 内蔵音源書換

デジタルもぐら junior ジュニア 緊急地震速報

緊急地震速報

DM-ER3022J ワイドFM  津波警報

 内蔵音源書換  内蔵音源書換え 音声サンプル
 日本語・英語  参考 日本語・英語 警報メッセージ  音声
壁に固定した耐震壁掛金具に、本体裏側の金具の差し込み溝を、下に差し込むようにして固定します。
(ズレ落ち防止ゴムのために、押し込むようにして、差し込んで下さい。)
「デジタルもぐらjunior 3022J」 と 「デジタルもぐら 3311J」 の比較表のダウンロードは、コチラから
**  デジタルもぐら ラインナップ  **
  3311 J  
  3022 J  
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 デジタルもぐら
※1 「♪NHK♪」 はNHKの緊急地震速報のチャイム音を示します。
   メッセージ内容を、外国語放送、オリジナルアナウンスなど、ご希望の内容に変更する事が可能です。
※2 NHKの緊急地震速報のラジオ放送例
   ♪NHK報知音♪ + 緊急地震速報が出ました。  次の地域では強い揺れに警戒して下さい。   ○○県、○○県、○○県、、、、、
   緊急地震速報が出ました。  次の地域では強い揺れに警戒して下さい。   ○○県、○○県、○○県、、、、、
   強い地震が来るまでは、わずかな時間しかありません。  身の安全を確保して下さい。
   倒れやすい家具からは離れて下さい。  テーブルや机の下から離れて下さい。 、、、、、

ワイドFM対応 (災害用としてのFM補完局)
 災害用としても大きな期待がよせられている、AM放送のFM版(ワイドFM)の放送に対応。
 これにより、緊急地震速報だけでなく、津波警報や東海地震警戒宣言などを受信することができます。

●制御機能(接点出力)搭載!
 館内一斉放送や、パトライト点灯、エレベーター制御などの自動連動が可能。

●緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送(EWS)受信に対応!
 緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送である津波警報や東海地震警戒宣言を受信することができます。
 「津波警報だけ」、「東海地震警戒宣言だけ」、など個別の受信設定も可能。
 自治体からの要請で放送するミサイルなどの避難命令の受信が可能

●定型音声 標準搭載!
  「デジタルもぐら junior」 の発報時の警報音声は、ラジオ音声以外に定型メッセージ音声も選択可能。
 緊急地震速報、緊急警報放送(津波など)、それぞれ個別にメッセージ設定が可能。

●音声遅延機能 搭載!
 接続するアンプの起動時間に合わせた、外部出力音声の遅延制御が可能!

●音声切替・プリアンプ機能搭載。
 チャイム音声などの入力端子があるので、入力放送設備の改修工事費用を最小限に抑えられます。
 また、外部出力音声のボリューム調整が可能!

●緊急地震速報及び緊急警報放送の発報記録
 緊急地震速報及び緊急警報放送(津波など)の警報により 「デジタルもぐら junior」が発報した履歴を
 記録することができます。

●緊急警報 試験放送の受信記録
 毎月実施(NHK)されている緊急警報放送の試験放送の受信履歴が記録できます。
 これにより、「デジタルもぐら junior」が確実に試験放送が受信できていることを確認できます。

●受信感度及び受信周波数を常時表示します。
 受信感度、設定されているFM局周波数の状態が常に表示されているので、安心です。

●避難訓練や試験放送が、本体ボタンで可能
 避難訓練や機器の試験放送が本体ボタンで可能

試験放送を柔軟に運用
  試験放送をすることで、デジタルもぐらと放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)
  などとの連動確認を行うことが出来ます。
  連動確認をするための通常の訓練放送とは別に、メロディーによる連動確認が可能となりました。


●外国語放送、オーダー音声なども可能!
 外国語放送、多言語同時放送など、特殊な音声放送にもカスタマイズ可能!

●サイネージ、PCへの警報割込表示 (オプション)
  
タイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、警報情報の割込表示が可能となります。
  さらなる活用範囲が広がりました。
   (詳細はコチラから タイガーCALL

●防災メール配信  津波警報、気象警報、緊急地震速報 (オプション)
  津波警報、気象警報、緊急地震速報をお客様の指定したメールアドレスへ配信。
  配信時間及び配信曜日の選択ができ、配信地区は全国又は特定地域から選択可能。
  ニュースより早く知る事で、初動体制をすばやく立ち上げることができます。   
防災メールの詳細はコチラから


●MADE IN 東北 品質にも自信があります。
  常時電源ONの機器だから、長期安定性を重視。   世界最高品質 日本ケミコン製 電解コンデンサ 採用!
  MADE IN JAPAN 「がんばれ東北!」 デジタルもぐらは、東北沿岸部から、まごころ込めてお届けしています。

 メロディー試験  メロディー試験 内蔵音源メッセージ内容   ※1 音声サンプル
 内蔵定型メロディー   ♪オリジナルメロディー音♪   ※2  音声
※1 メロディー試験は、デジタルもぐらと放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)などとの
   連動確認を行う時に利用します。
※2 「♪オリジナルメロディー音♪」 は弊社のオリジナルメロディー音を示します。

オプションのご利用により、デジタルもぐらの内蔵音源を書き換えることができます。
ラジオ音声以外の内蔵音源の書換えが可能です。
外国語放送多言語同時放送など、特殊な音声放送も可能!
冒頭音のREIC警報音、NHKチャイム音以外のオリジナル冒頭警報音にも変更できます。
音源書換には、以下の4種類の方法があります。
1.日本語と英語による定型音源に書き換える (上記サンプル音声参照)
2.日本語音声リストから選択して、内蔵音源を書き換える
3.日本語・英語リストから選択して、内蔵音源を書き換える
4.日本語及び外国語によるオリジナル音源を作成し、内蔵音源を書き換える
※内蔵音源は、サンプリング周波数8KHz  最大秒数32秒までとなっています。
内蔵音源書換えに関しての詳細はコチラから

デジタルもぐら junior 本体の設置方法
デジタルもぐら junior 運用例
詳細はコチラから
サイネージ・クライアントPC 割込表示 オプション
※1 「♪オリジナル警報音♪」は弊社のオリジナル警報音を示します。
   メッセージ内容を、外国語放送、オリジナルアナウンスなど、ご希望の内容に変更する事が可能です。
※2 NHKの津波警報・津波注意報のラジオ放送例

   ♪報知音 ピロピロピロ♪
   津波警報・津波注意報が出ました。
   津波警報が出ているのは次の沿岸です。    ○○沿岸、○○沿岸、○○沿岸、、、、、予想される津波の高さは1m。
   そして○○海沿岸です。   予想される津波の高さは2mです。
   津波警報・津波注意報が出ています。
   津波警報が出ているのは次の沿岸です。     ○○沿岸、○○沿岸、○○沿岸、、、、、予想される津波の高さは1m。
   そして○○海沿岸です。   予想される津波の高さは2mです。
   津波警報が出ている海岸や河口付近のみなさんは、早く安全な高台に避難して下さい。
ミサイル避難命令にも対応!
オプションのタイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、警報情報の割込表示が可能となります。
「スーパードラゴン」、「スーパーなまず」、「デジタルもぐら」、「直下ドラゴン」など、津波警報を出力することができる受信端末で
あれば、緊急地震速報<だけでなく、津波警報も割込表示することが可能となります。
また、 警報情報をトリガーにして 各種システムの起動も可能となります。
タイガーCALLの詳細はコチラから
 緊急地震速報  緊急地震速報 内蔵音源メッセージ内容   ※1 音声サンプル
 警報音声   ♪NHK♪ + 緊急地震速報。  強い揺れに警戒して下さい。  揺れがおさまるまで、安全を確保
 して下さい。
音声
 訓練用音声  「 訓練,訓練,♪NHK♪,これは緊急地震速報の訓練です」 の後、内蔵定型音声がアナウンスされ
 ます
 音声
 ラジオ音声   ラジオ音声がそのまま放送されます。   ※2  音声
デジタルもぐら junior パンフレットのダウンロードは、コチラから
デジタルもぐらjunior 3022J と デジタルもぐら 3311J  の比較表は、コチラから
デジタルもぐら junior 特徴・機能
5年保証
電光掲示板
無亭電電源装置
タイガーCALL
内蔵音源書換
FMトランスミッター
*1 音声入力・接点入力追加オプションは、本体購入時にお申込み下さい。
*2 出張による調査及び機器交換作業費などは実費負担となります。  天災及びお客様の過失による故障・破損は実費負担となります。
価格・オプションなどに関しての詳細は、コチラから
内蔵音源、発報音声に関しての詳細はコチラから
デジタルもぐら junior 内蔵音源
ワイドFMについては、コチラから
 緊急警報放送(EWS)  緊急警報放送 内蔵音源メッセージ内容   ※1 音声サンプル
 警報音声 第1種   ♪警報音♪ + 東海地震警戒宣言が発表されました。  情報を確認し警戒して下さい。  音声
 警報音声 第2種   ♪警報音♪ + 津波警報、津波警報、津波警報。  慌てず高台に避難して下さい。  音声
 訓練用音声   ♪訓練放送です。  ♪オリジナル警報音♪ + 緊急警報放送を受信しました。 津波の危険が
  あります。  情報を確認し警戒して下さい
 音声
 ラジオ音声   ラジオ音声がそのまま放送されます。  ※2  音声
詳細はコチラから
防災なまず オプション (地震・気象・津波)

デジタルもぐらを利用すれば、館内一斉放送はもちろんのこと、パトライトの点灯、電光表示板への警報表示など、様々な機器の
制御が可能となります。
ただし、接点出力端子が一つしかないので、パラレル接続をするか、デジタルもぐら3311Jのご利用をお勧めします。
運用・活用例、訓練・試験放送に関しての詳細はコチラから

※警報音源作成はアナウンスマシーン、音声連動型回転灯の警報音源で、ドラゴン・もぐらの内蔵音源書換えとは異なります。
  アナウンスマシーン、音声連動型回転灯との同時購入であれば、作成した音源を機器に設定させていただきます。
  音源は4種まで作成可能です。
緊急地震速報気象情報津波情報 をお客様の指定したメールアドレスへ配信するサービスです

気象庁が発表した緊急地震速報をメールでお知らせします。
高度利用者向けの情報である緊急地震速報 第1報からの情報を基に、特定地域に地震が到達する予測時刻及び予測震度
メールでお知らせします。
携帯などのエリアメールは、日本を188地域に分割した広域情報ですが、防災なまずは、日本を4,864地域に分割した詳細情報で、
各地の予測震度、地震が到達する予測時刻をお知らせします。  
防災なまずは、緊急地震速報を限りなくピンポイント情報でお知らせします。

携帯などのエリアメールとの違い
1.防災なまず:
高度利用者向けの緊急地震速報を配信          エリアメール:テレビと同様の一般利用者向けの緊急地震速報
2.防災なまず:
予測震度、予測到達時刻をお知らせ           エリアメール:受信する場所での震度や猶予時間は不明
3.防災なまず:
配信を受ける震度の選択が可能              エリアメール:配信を受ける震度の選択は不可
4.防災なまず:日本を4,864地域に分割した
ピンポイント情報        エリアメール:日本を188地域に分割した広域情報
5.防災なまず:配信期間、配信曜日、配信時間の
指定が可能     エリアメール:配信を受ける期間・曜日・時間などの指定は不可

防災なまずの詳細は、コチラから
防災なまずの詳細は、コチラから