デジタルもぐら 3311 仕様書
緊急地震速報及びEWS(緊急警報放送)を受信した時の動作
(1)接点出力がON になります。
(2)設定した時間だけ音声出力を遅延します。
(3)設定した警報音声(ラジオ音声または内蔵音源メッセージ)が出力されます。
(4)設定した警報出力時間が経過したら、音声出力を停止し、接点出力がOFFになります。
 ※警報動作中でも「終了ボタン」を押すと警報動作を停止し、待機状態に戻ります。
 ※本装置の各種設定・確認作業中でも、警報を受信すると直ちに警報動作に移行します。

警報受信時の内部動作 優先順位
緊急地震速報とEWS(緊急警報放送)の動作優先順位は同レベルですが、後から発生した警報が優先され、その警報動作に
移行します。
EWS(避難指示)とEWS(津波警報)では、先に発生した警報の出力時間まで警報動作を継続します。

優先順位   緊急地震速報・EWS(緊急警報放送)  >  動作確認・試験放送・防災訓練  >  ライン入力

動作例
緊急地震速報を「地震速報」、EWS(緊急警報放送)を「津波警報」としてチャート図を参照。
「@津波警報」が出力されているときに緊急地震速報を受信すると、津波警報を中断して「A地震速報」を出力します。
その後、地震速報の出力時間が終了したときに、津波警報の出力時間が残っていれば「B津波警報」を出力します。
「C地震速報」が出力されているときに津波警報を受信すると、地震速報を中断して「D津波警報」を出力します。
デジタルもぐら 3311 ラックマウント 寸法図 (オプション)
ラックマウント 1台用
仕様書・寸法図・CADデータなどのダウンロードは、コチラから
仕様書・寸法図・CADデータなどのダウンロードは、コチラから
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
Jコーポレーション 地震速報 緊急地震速報
デジタルもぐら 3311 緊急地震速報 受信機
気象庁 緊急地震速報 受信装置
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 保守無料 利用料無料
仕様書/警報動作
ラックマウント寸法図などのダウンロードは、コチラから
緊急地震速報
ラックマウント 2台用
よくある質問
Q&A デジタルもぐら
室内ロッドアンテナ 寸法図
デジタルもぐら ロッドアンテナ・取付金具 寸法図
アンテナ取付金具 寸法図
室内ロッドアンテナ・取付金具寸法図などのダウンロードは、コチラから
デジタルもぐら 3311 外観図・寸法図
3311 紹介動画
緊急地震速報
もぐら 3022
デジタルもぐら 3311 警報動作

デジタルもぐら 仕様  無料  FM電波 ラジオ放送

仕様詳細  DM-ER3311J  デジタルもぐら
3311
もぐら
ラックブラケット
単位:mm